本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『碁打秀行―私の履歴書』藤沢秀行(角川文庫)

『碁打秀行―私の履歴書』藤沢秀行(角川文庫)

未読

1999年
204頁




目次

「碁は芸」を信条に半世紀
父はハマの相場師
碁石の音を子守唄に
九歳で「坊門」の一員に
中国への慰問団に参加
大手合、ポカで全敗
指導碁も真剣に打つ
空襲で棋院焼失、手合も中止
幻の密輸計画
手合再開と囲碁新社事件〔ほか〕


[関連]
『碁打秀行―私の履歴書』藤沢秀行(1993・日本経済新聞社)
碁打秀行―私の履歴書[amazon]

[参考]
『野垂れ死に』藤沢秀行(2005・新潮新書)Kindle版
野垂れ死に[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする