本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『加藤唐九郎―自伝 土と炎の迷路』(日本図書センター・人間の記録199)

『加藤唐九郎―自伝 土と炎の迷路』加藤唐九郎(かとう・とうくろう)(日本図書センター・人間の記録199)

未読

2012年
243頁




目次

生い立ち/青春の彷徨/個人作家をめざす/伝統に徹する/『陶器大辞典』編纂/永仁瓶子焼成・中国旅行/戦中戦後/文化芸術使節団・日ソ工芸展/やきもの三昧

本書は、(おそらく)下記が底本なので日本経済新聞連載「私の履歴書」が基。

[関連]
『加藤唐九郎―自伝 土と炎の迷路』加藤唐九郎(1982・日本経済新聞社)(「私の履歴書」の書籍化)
土と炎の迷路[amazon]

『自伝 土と炎の迷路』加藤唐九郎(1999・講談社文芸文庫)
自伝 土と炎の迷路[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする