本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『西田幾多郎―言語、貨幣、時計の成立の謎へ』永井均(角川ソフィア文庫)

『西田幾多郎―言語、貨幣、時計の成立の謎へ』永井均(角川ソフィア文庫)

未読

2018年
176頁




目次

第1章 純粋経験ー思う、ゆえに、思いあり(長いトンネルを抜けるとー主客未分の経験/知即行ー真理と意志は合致する/デカルトvs.西田幾多郎)
第2章 場所ー“絶対無”はどこにあるのか(言語哲学者としての西田/自覚ー「私を知る」とはどういうことか/場所としての私 ほか)
第3章 私と汝ー私は殺されることによって生まれる(思想の体系化/田辺元の西田批判/存在する私への死)

本書は、下記の本に加筆して文庫化したもの。

『西田幾多郎 <絶対無>とは何か』永井均(2006・シリーズ・哲学のエッセンス、NHK出版)
西田幾多郎 絶対無とは何か[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange