本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『森下洋子―バレリーナの情熱』(日本図書センター・人間の記録185)

『森下洋子―バレリーナの情熱』森下洋子(日本図書センター・人間の記録185)

未読

2012年
188頁




目次

プロローグ 「踊りに生きよ」

第一章 舞台の上で
     レッスンから出発
     トーハンシューズは生きもの
     衣装について
     心を創る
     プリマの条件
     舞台こそが勉強の場

第二章 プロのバレエ・ダンサーとして
     “食べていく”ということ
     エンターテイメント精神
     知られるということ
     外国のバレエ団、日本のバレエ団
     バレリーナと年齢
     踊り手の真価は、踊りをやめた時に決まる

第三章 バレリーナの生活
     公演旅行
     バレリーナと結婚
     気分を切り換える
     お洒落
     人と会う楽しみ

第四章 『ライト』を踊って
     予期せぬベジャールからの電話  
     ベジャールの新作は初めて“女性が主役”
     ほか  

第5章 ヌレエフという人
     一度で完全に振りを覚える能力
     一緒に踊りながら学ぶ    
     ほか

対談 小田島雄志vs森下洋子ー舞台の後のビールが好き

エピローグ 『白鳥の湖』に始まり、『白鳥の湖』に終る


[関連]
『バレリーナの情熱』森下洋子(1984・大和書房)
バレリーナの情熱[amazon]

『バレリーナの情熱』森下洋子(1994・角川文庫)
バレリーナの情熱[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする