本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『ミヤコ蝶々―おもろうて、やがて哀し。』(日本図書センター・人間の記録183)

『ミヤコ蝶々―おもろうて、やがて哀し。』ミヤコ蝶々(日本図書センター・人間の記録183)

未読

2012年
262頁




目次

ミヤコ蝶々と日向鈴子
生い立ち
年頃
吉本興業の舞台
柳枝と結婚
柳枝劇団
木枯しの歌
精神科病院
異常な群像
退院してから
心のふれあい
父の死
雄二さんの浮気
離婚以降
愛の星みいつけた
虹はまたも消え
私の感傷旅行
病気になって
初めての嘘
生きぬく雄さん
枯れ葉散る病院で
なぜ死んだ雄さん
芝居でない芝居
さようなら『夫婦善哉』
『夫婦善哉』こぼれ話 その一
『夫婦善哉』こぼれ話 その二
そして、また“女ひとり”
おもろうて、やがて哀し。

年譜


[関連]
『おもろうて、やがて哀し。』ミヤコ蝶々(1983・永田社)
おもろうて、やがて哀し。[amazon]

『おもろうて、やがて哀し』ミヤコ蝶々(ほるぷ自伝選集―女性の自画像7)
おもろうて、やがて哀し[amazon]

[参考]
『泣き笑い放浪星―私のひらがな人生』(女の自叙伝)ミヤコ蝶々(1985・ハースト婦人画報社)
泣き笑い放浪星[amazon]1
泣き笑い放浪星[amazon]2

『私の履歴書―女優の運命』東山千栄子・水谷八重子・杉村春子・田中絹代・ミヤコ蝶々
女優の運命[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする