本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『榎本健一―喜劇こそわが命』(日本図書センター・人間の記録182)

『榎本健一―喜劇こそわが命』榎本健一(日本図書センター・人間の記録182)

未読

2012年
210頁




目次

第一部 歩んだ道
 生れた頃
 悪戯っ子
 腕白小僧
 少年の夢
 オペラと活動写真
 浅草の人気者
 映画出演
 有楽町進出
 戦時下の喜劇
第二部 想い出
 地方公演
 名古屋コーチャン
 酒
 ニセモノ
 懐しい人々
 親子
第三部 悲しみと喜び
 終戦
 足の病気と手術
 喜劇人協会設立
 息子の死
 再発した足の病気で右足切断
 紫綬褒章、テアトロン賞など
 喜劇について
あとがき
年譜


[関連]
『喜劇こそわが命』榎本健一(1967・栄光出版社)
喜劇こそわが命[amazon]

『エノケンの泣き笑い人生/喜劇こそわが命―伝記・榎本健一』榎本健一(1998・大空社)
大空社・伝記叢書284[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange