本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『埴谷雄高―影絵の世界』(日本図書センター・人間の記録181)

『埴谷雄高―影絵の世界』埴谷雄高(はにや・ゆたか)(日本図書センター・人間の記録181)

未読

2010年
246頁




目次

魂の同質性
ロシア的雰囲気
オブローモフとペチョーリンとムィシュキンと〈主義者〉
ニヒリズムの容器
反抗の〈夜〉と〈昼〉アナキズムとコンミュニズム
〈政治への没入〉の時代
灰色の壁 1
灰色の壁 2
さかさまになった夜と昼 無職業の時代
戦争のなかの顔
検挙と数冊の本
あとがき
年譜


[関連]
『影絵の世界-ロシア文学と私』埴谷雄高(1967・平凡社)
影絵の世界[amazon]

『影絵の世界』埴谷雄高(1992・筑摩叢書)
1992・単行本[amazon]

『影絵の世界』埴谷雄高(1997・平凡社ライブラリー)
影絵の世界[amazon]

『埴谷雄高全集6 影絵の世界』(1999・講談社)
埴谷雄高全集6[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange