本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『曽野綾子―天駈けるほどの軽やかな魂の自由』(日本図書センター・人間の記録180)

『曽野綾子―天駈けるほどの軽やかな魂の自由』曽野綾子(日本図書センター・人間の記録180)

未読

2010年
319頁




目次

1 生涯(不幸な家庭/過保護 ほか)
2 根底にある気質(対人恐怖・不信・怠惰/戦争体験から学んだ人間の無力存在の容認 ほか)
3 運命に導かれて(途上国への旅/輝く星としての、神父と修道女たち ほか)
4 作家として(作家への必然/文学的探求 ほか)


[参考]
『曽野綾子自伝―この世に恋して』曽野綾子(2012・ワック)
曽野綾子自伝 この世に恋して[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする