本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『石津謙介―いつもゼロからの出発だった』(日本図書センター・人間の記録177)

『石津謙介―いつもゼロからの出発だった』石津謙介(日本図書センター・人間の記録177)

未読

2010年
145頁




目次

第1章 ファッションとの出逢い(お洒落が大好きな小学生/野球とスキー三昧の中学時代/女房は中学時代のガールフレンド ほか)

第2章 VAN誕生(レナウンで実力を発揮/VAN設立と新劇俳優/男性服飾誌作りに没頭 ほか)

第3章 飛躍、そして蹉跌(肥大化の中で感じた疎外感/子会社設立に意欲注ぐ/VAN99ホールで文化寄席 ほか)

第4章 自由に生きる(中国五輪ウエアで再起/ユニホーム製作に絞る/MFUとの深い縁 ほか)


[関連]
『いつもゼロからの出発だった』石津謙介(1998・PHP研究所)
いつもゼロからの出発だった[amazon]

[参考]
『VANから遠く離れて―評伝石津謙介』佐山一郎(2012・岩波書店)
VANから遠く離れて[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする