本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『野口雨情―郷愁の詩とわが生涯の真実』(日本図書センター・人間の記録172)

『野口雨情―郷愁の詩とわが生涯の真実』野口雨情、野口存彌編(日本図書センター・人間の記録172)

未読

2010年
288頁




本書は随筆・書簡・寄稿文などから、野口の人生を辿る作品を収録。


[参考]
『郷愁と童心の詩人―野口雨情伝』野口不二子(2012・講談社)(著者は、野口雨情の孫)
郷愁と童心の詩人[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange