本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『ガンジー自伝』蝋山芳郎訳(中公文庫BIBLIO20世紀)

『ガンジー自伝』マハトマ・ガンジー、蝋山芳郎訳(中公文庫BIBLIO20世紀)

未読

2004年
512頁




本書は、ガンジー著『自叙伝』と『南アフリカにおける非服従運動』の二作を再編集したものの英語版を翻訳したもの。(『ガンジー自伝』(1983・中公文庫)の改版。)

[関連]
『ガンジー自叙伝―真理の実験』モハンダス・カラムチャンド・ガンジー(マハトマ・ガンジー)、池田運訳(1998・講談社出版サービスセンター)613頁
ガンジー自叙伝[amazon]

『世界の名著63 ガンジー ネルー』(1967・中央公論社)(『自叙伝』ガンジー(蝋山芳郎訳)、『自叙伝』ネルー(蝋山芳郎訳))
世界の名著〈第63〉[amazon]

※下記の『ガーンディー自叙伝』(東洋文庫)(全2巻)は、オリジナルのグジャラーティー語(グジャラート語)からの本邦初の翻訳。(他のものは英語版からの翻訳)

『ガーンディー自叙伝1―真理へと近づくさまざまな実験』M・K・ ガーンディー、田中敏雄訳注(2000・東洋文庫・平凡社)
『ガーンディー自叙伝2―真理へと近づくさまざまな実験』M・K・ ガーンディー、田中敏雄訳注(2000・東洋文庫・平凡社)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange