本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『20世紀イギリス短篇選』小野寺健編訳(岩波文庫)

『20世紀イギリス短篇選』(上下)小野寺健編訳(岩波文庫)






上巻

1987年
320頁

下巻

1987年
314頁


上巻
目次(収録作品)

航路の果て(ラドヤード・キップリング)
故郷への手紙(アーノルド・ベネット)
ルイーズ(サマセット・モーム)
岩(E.M.フォースター)
上の部屋の男(P.C.ウドハウス)
キュー植物園(ヴァージニア・ウルフ)
痛ましい事件(ジェイムズ・ジョイス)
指ぬき(D.H.ロレンス)
脱走(ジョイス・ケアリー)
ジョコンダの微笑(オルダス・ハックスリー)
幽鬼の恋人(エリザベス・ボウエン)
単純な生活(H.E.ベイツ)

下巻
目次(収録作品)

あいつらのジャズ(ジーン・リース)
確実な人生(ショーン・オフェイロン)
この四十年(ノーラ・ロフツ)
レディだけの旅(オリヴィア・マニング)
届かない花束(ウィリアム・サンソム)
蠅取紙(エリザベス・テイラー)
豪華な置時計(ミュリエル・スパーク)
愛の習慣(ドリス・レッシング)
欠損家庭(ウィリアム・トレヴァー)
再会(マーガレット・ドラブル)
別れられる日(スーザン・ヒル)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange