本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『戦後短篇小説選1―『世界』1946‐1999』(岩波書店)

『戦後短篇小説選1―『世界』1946‐1999』岩波書店編集部編(岩波書店)(全5巻)

未読

2000年
321頁


目次(収録作品)

灰色の月(志賀直哉)
ある彫刻家(武者小路実篤)
砂糖(野上弥生子)
妖怪(高見順)
橋本屋(井伏鱒二)
太鼓(中野重治)
自惚鏡(里見弴)
桜桃(太宰治)
人生実験(平林たい子)
赤い駱駝(梅崎春生)
あるひとりの妻(佐多稲子)
末期の水(田宮虎彦)
矢の津峠(金達寿)
巨人(武田泰淳)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする