本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『名短篇、さらにあり』(ちくま文庫)

『名短篇、さらにあり』北村薫・宮部みゆき編(ちくま文庫)

未読

2008年
390頁


目次(収録作品)

華燭(舟橋聖一)
出口入口(永井龍男)
骨(林芙美子)
雲の小径(久生十蘭)
押入の中の鏡花先生(十和田操)
不動図(川口松太郎)
紅梅振袖(川口松太郎)
鬼火(吉屋信子)
とほぼえ(内田百閒)
家霊(岡本かの子)
ぼんち(岩野泡鳴)
ある女の生涯(島崎藤村)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする