本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『大江健三郎自選短篇』(岩波文庫)

『大江健三郎自選短篇』大江健三郎(岩波文庫)

未読

2014年
848頁




目次(収録作品)

1 初期短篇(奇妙な仕事/死者の奢り/他人の足/飼育/人間の羊/不意の唖/セヴンティーン/空の怪物アグイー)

2 中期短篇(頭のいい「雨の木」/「雨の木」を聴く女たち/さかさまに立つ「雨の木」/無垢の歌、経験の歌/怒りの大気に冷たい嬰児が立ち上がって/落ちる、落ちる、叫びながら/新しい人よ眼ざめよ/静かな生活/案内人(ストーカー)/河馬に噛まれる/「河馬の勇士」と愛らしいラベオ)

3 後期短篇(「涙を流す人」の楡/ベラックワの十年/マルゴ公妃のかくしつきスカート/火をめぐらす鳥)/生きることの習慣(ハビット・オブ・ビーイング)

あとがきとして

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする