本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『群像短篇名作選 2000~2014』(講談社文芸文庫)

『群像短篇名作選 2000~2014』群像編集部編(講談社文芸文庫)

未読

2018年
384頁




目次(収録作品)

辻原 登「父、断章」
黒井千次「丸の内」
村田喜代子「鯉浄土」
角田光代「ロック母」
古井由吉「白暗淵」
小川洋子「ひよこトラック」
竹西寛子「五十鈴川の鴨」
堀江敏幸「方向指示」
町田 康 「ホワイトハッピー・ご覧のスポン」
松浦寿輝「川」
本谷有希子「アウトサイド」
川上未映子「お花畑自身」
長野まゆみ「45°」
筒井康隆「大盗庶幾」
津村記久子「台所の停戦」
滝口悠生「かまち」
藤野可織「アイデンティティ」
川上弘美「形見」

本書は、『群像』創刊70周年記念号「群像短篇名作選」(2016年10月号)を三分冊で文庫化したもの。

[関連]
『群像』2016年10月号[amazon]

『群像短篇名作選 1946~1969』(講談社文芸文庫)
群像短篇名作選 1946~1969[amazon]

『群像短篇名作選 1970~1999』(講談社文芸文庫)
群像短篇名作選 1970~1999[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange