本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『日本近代短篇小説選 昭和篇2』(岩波文庫)

『日本近代短篇小説選 昭和篇2』紅野敏郎・紅野謙介・千葉俊二・宗像和重・山田俊治編(岩波文庫)(全6冊)

未読

2012年
384頁




目次(収録作品)

墓地の春(中里恒子)
焼跡のイエス(石川淳)
夏の花(原民喜)
桜の森の満開の下(坂口安吾)
顔の中の赤い月(野間宏)
蜆(梅崎春生)
虫のいろいろ(尾崎一雄)
もの喰う女(武田泰淳)
胡桃割り(永井龍男)
水仙(林芙美子)
出征(大岡昇平)
小さな礼拝堂(長谷川四郎)
ブルートーのわな(安部公房)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange