本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『日本近代短篇小説選 昭和篇1』(岩波文庫)

『日本近代短篇小説選 昭和篇1』紅野敏郎・紅野謙介・千葉俊二・宗像和重・山田俊治編(岩波文庫)(全6冊)

未読

2012年
400頁




目次(収録作品)

施療室にて(平林たい子)
鯉(井伏鱒二)
キャラメル工場から(佐多稲子)
死の素描(堀辰雄)
機械(横光利一)
闇の絵巻(梶井基次郎)
ゼーロン(牧野信一)
母たち(小林多喜二)
生物祭(伊藤整)
あにいもうと(室生犀星)
いのちの初夜(北条民雄)
築地河岸(宮本百合子)
虚実(高見順)
家霊(岡本かの子)
待つ(太宰治)
文字禍(中島敦)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする