本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『日本近代短篇小説選 大正篇』(岩波文庫)

『日本近代短篇小説選 大正篇』紅野敏郎・紅野謙介・千葉俊二・宗像和重・山田俊治編(岩波文庫)(全6冊)

未読

2012年
400頁




目次(収録作品)

女作者(田村俊子)
鱧の皮(上司小剣)
子供役者の死(岡本綺堂)
西班牙犬の家(佐藤春夫)
銀二郎の片腕(里見弴)
師崎行(広津和郎)
小さき者へ(有島武郎)
虎(久米正雄)
奉教人の死(芥川竜之介)
屋根裏の法学士(宇野浩二)
猫八(岩野泡鳴)
花火(内田百閒)
入れ札(菊池寛)
葬式の名人(川端康成)
椎の若葉(葛西善蔵)
淫売婦(葉山嘉樹)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange