本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『あの日、君と Boys』(集英社文庫)

『あの日、君と Boys』ナツイチ製作委員会編(集英社文庫)

未読

2012年
328頁




目次

逆ソクラテス(伊坂幸太郎)
骨(井上荒野)
夏のアルバム(奥田英朗)
四本のラケット(佐川光晴)
さよなら、ミネオ(中村航)
ちょうどいい木切れ(西加奈子)
すーぱー・すたじあむ(柳広司)
マニアの受難(山本幸久)

[キーワード]
短篇小説アンソロジー

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange