本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『短編工場』(集英社文庫)

『短編工場』集英社文庫編集部編(集英社文庫)

未読

2012年
448頁




目次

かみさまの娘(桜木紫乃)
ゆがんだ子供(道尾秀介)
ここが青山(奥田英朗)
じごくゆきっ(桜庭一樹)
太陽のシール(伊坂幸太郎)
チヨ子(宮部みゆき)
ふたりの名前(石田衣良)
陽だまりの詩(乙一)
金鵄のもとに(浅田次郎)
しんちゃんの自転車(荻原浩)
川崎船(熊谷達也)
約束(村山由佳)

2000年代、『小説すばる』に掲載された短編作品から12編を収録。

[キーワード]
短篇小説アンソロジー

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする