本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『玉手箱と打出の小槌』浅見徹(中公新書)

『玉手箱と打出の小槌―昔話の古層をさぐる』浅見徹(中公新書708)

昭和58年(1983)10月25日初版発行
213頁





著者は国語学者。

本書は、著者の二つの論文「浦島の玉手箱」(1980・『岐阜大学国語国文学』)「一寸法師と打出の小槌」(1982・同)を基に書かれたもの。

昔話がその時代の社会状況や価値観、宗教的観念などに影響され変容していくことを、「浦島太郎」「一寸法師」の物語を例に論じている。

「昔話の古層をさぐる」という副題が、興味深くかっこいいが、もっと鋭く探ってほしかった。
昔話の研究をする人は、必読か。2006年に改稿版が出ている。

[参考]
『浦島太郎の文学史』三浦佑之(五柳書院)

『改稿 玉手箱と打出の小槌』浅見徹 (2006・和泉選書)(本書の改稿版。単行本)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする