本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『羽生―「最善手」を見つけ出す思考法』保坂和志(知恵の森文庫)

『羽生―「最善手」を見つけ出す思考法』保坂和志(知恵の森文庫、光文社)

2007年
213頁




目次

第1章 棋士と個性ー棋風を超えるものは何か
第2章 最善手ー羽生は“最善手”の概念を逆転させた
第3章 対局中の心理ー対局中羽生は何と闘っているのか
第4章 読むことー読みは盤上の意味の形成である
第5章 局面の複雑化ー“将棋の結論”への指し方とは
第6章 コンピュータ観ー21世紀の“人間に残された将棋”とは

『羽生―21世紀の将棋』保坂和志(1997・朝日出版社)の文庫版。

羽生(朝日出版社)[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする