本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『宮本常一著作集42 父母の記/自伝抄』(未来社)

『宮本常一著作集42 父母の記/自伝抄』宮本常一、田村善次郎編(未来社)

未読

2002年
265頁




目次

凡例

ふるさとの島 周防大島
  平凡な島 よく働く女性 出稼ぎ 海外移住者

父祖三代の歴史
 黒船のうわさ きこえる時の鼓動 百姓市五郎の家 しのびよる不幸 制度改革の苦しみ 
火事と借銭 窮乏のはて 悲しき立身出世 敗残者の群れ 神仏にすがる フィジー島に渡る 養蚕の辛苦 保障なき明治

父祖の教うるところ
 父祖の教うるところ
 父のことば

父の死 ――昭和八年(1933)日記から――
 付 祖母の死と葬儀の次第
 
母の記
 母の思い出
 母の記

我が半生の記録
 家の歴史
  長嶋氏 山本氏 宮本家 宮本家略伝
 慈父語録抄
 常一略年譜[一歳(明治40年)から二九歳(昭和10年)]  妻たる人に

私の郵便局時代
 なつかしい人びと
 露地奥の人生

師範学校時代

自伝抄 ――二ノ端界隈――
 二ノ端付近
 古川が流れる小さな橋
 渋沢先生のお宅を訪問
 渋沢家の屋根裏博物館
 いつも七、八人の書生
 ふるさと語る話の広場
 多士多才な学者集まる
 中国地方の旅に感銘
 旅についての反省
 命の躍動する古老の話
 雑談楽しみに銭湯通い
 研究に戦争の影濃く
 伊豆の習俗訪ね歩く
 月の夜の奄美大島
 御薗生先生の人がら
 善福寺裏の岩倉さん
 渋沢先

[参考]
『宮本常一―民俗学の旅』(日本図書センター・人間の記録129)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする