本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『辻村寿三郎―人形曼陀羅』(日本図書センター・人間の記録130)

『辻村寿三郎―人形曼陀羅』辻村寿三郎(日本図書センター・人間の記録130)

未読

2000年
174頁




目次

草木の根/醜のなかにこそ美を/人形は鏡南画の世界/真如の月/自然の掟を掟として/布裂の罪 明治の母 芸ごとの血 コーリャン畑にはずむ巨大な夕陽/満州から広島へ/役者になりたい/河原の夕餉/役者気分の頃 布を殺せない/旅役者入門/看板絵描き/芝居と人形/人形は芸術ではない/人形って何だろう/面打師が現われた/人形の科学/東京へ/お前さんは役者には向かないよ/自分の人形を作りたい ほか

本書は、求龍堂1978年刊『人形曼陀羅』を改題し刊行したもの。

[関連]
『人形曼陀羅―自伝随想』辻村寿三郎(1978・求龍堂)
人形曼陀羅 (1980年)[amazon]

『人形曼陀羅―自伝随想』辻村寿三郎(1991・中公文庫)
人形曼陀羅[amazon]
(※アマゾンのページにある「新品/中古品の出品を見る」や「中古品の出品」等のリンクから詳細を確認してください。商品ページのものと実際に販売している版が異なる場合があるので注意。)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする