本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『宮本常一―民俗学の旅』(日本図書センター・人間の記録129)

『宮本常一―民俗学の旅』宮本常一(日本図書センター・人間の記録129)

未読

2000年
238頁




目次

家の歴史/祖父/父/母/私にとってのふるさと/郵便局員時代/小学校教員時代/柳田、渋沢、沢田先生にあう/アチック・ミューゼアムに入る/民俗調査の旅/戦時中の食料対策/戦後の農漁村をあるく/山村と離島/学位をもらう/日本一長い食客/雑文稼業/若い人たち・未来

本書は、『民俗学の旅』宮本常一(1978・文藝春秋)を底本とし、改題して刊行したもの。
講談社学術文庫版も上記が底本なので、同一内容。

[関連]
『民俗学の旅』宮本常一(1978・文藝春秋)
民俗学の旅[amazon]

[参考]
『宮本常一著作集42 父母の記/自伝抄』宮本常一、田村善次郎編(未来社)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする