本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『土本典昭―わが映画発見の旅 不知火海水俣病元年の記録』(日本図書センター・人間の記録128)

『土本典昭―わが映画発見の旅 不知火海水俣病元年の記録』土本典昭(日本図書センター・人間の記録128)

未読

2000年
270頁




目次

序章 はじめて遭った映画人への手記
第1章 不知火海に眼を注ぐまで
第2章 カナダへ―巡回移動映画の旅
第3章 “水俣病かくし”の構造
第4章 水俣は都だった—天草上島で
第5章 一斉検診と“水俣病かくしの盟約”―“かくし”の重層構造
第6章 不知火海は変りつつある―天草下島、そして長島
第7章 不知火海水俣病元年―浮上する潜在患者と“新たな病像”
新たな課題を重く背に
映画でなすべきことは何か―あとがきにかえて

[関連]
『わが映画発見の旅―不知火海水俣病元年の記録』土本典昭(1979・筑摩書房)
わが映画発見の旅[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする