本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『石ノ森章太郎のマンガ家入門』(秋田書店)

『石ノ森章太郎のマンガ家入門』石ノ森章太郎(秋田書店)

単行本

1987年
310頁




本書は、著者の『少年のためのマンガ家入門』(1965・秋田書店)と『続・マンガ家入門』(1966・秋田書店)の2冊を合わせ再編集したもの。

巻頭に以下の付録が付いている。

●巻頭カラースペシャル
①石ノ森章太郎のファンタジーJUN
②ハナとリュウ

漢字には、ほぼルビが付されていてるし、語り口も子供向けに書かれているが、高度な内容である。

特筆すべきは、ストーリー漫画の説明のために自作『龍神沼』を用いて解説した章。実際の漫画のコマも豊富に載せ、コマごとに丁寧にわかりやすく、なぜそのような画で表現したのかを説いている。
この章を読むだけでも一読の価値がある。

本書の元の本は、昭和40年(1965)に出版された。石ノ森27歳の時である。本書は、漫画文化に大きく貢献した一書といえる。
漫画家、漫画原作者、漫画評論家を目指す人は必読。

[関連]
『石ノ森章太郎のマンガ家入門』石ノ森章太(秋田文庫)(本書の文庫版。巻頭の付録もついているのかは、分からない)
石ノ森章太郎のマンガ家入門 秋田文庫[amazon]

『石ノ森章太郎デジタル大全 マンガ家入門』Kindle版(講談社)(巻頭の付録なし。ほかは本書と同一)
マンガ家入門 (石ノ森章太郎デジタル大全)[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする