本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『膨張するドイツの衝撃』西尾幹二・川口マーン惠美(ビジネス社)

『膨張するドイツの衝撃―日本は「ドイツ帝国」と中国で対決する』西尾幹二・川口マーン惠美(ビジネス社)

単行本・ソフトカバー
未読

2015年
230頁




目次

第1章 ドイツ人はなぜ「日本嫌い」なのか
第2章 戦後は日米が隣国であって日中は隣国ではない
第3章 地球上に広がる「文明の衝突」
第4章 戦争が異なれば戦後も違う
第5章 難民・移民問題で苦悩するヨーロッパ
第6章 東へ拡大する「ドイツ帝国」の狙い
第7章 原発再稼働か脱原発か

対談本。

[参考]
GHQ焚書図書開封 第185回 真夏の夜の自由談話Ⅳ ~ ドイツよ、日本の「戦後処理」を見習え

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする