本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『日本人を狂わせた洗脳工作』関野通夫(自由社)

『日本人を狂わせた洗脳工作―いまなお続く占領軍の心理作戦』関野通夫(自由社)

2015年
84頁




目次

1 未だ気づかれていない洗脳工作
2 内部文書“WGIP”の発見
3 洗脳と検閲の両面作戦
4 発見文書から内容を読みとる
5 CIEと東京裁判の関係
6 WGIPでCIE(民間情報教育局)が懸念したこと
7 東京裁判に対するアンチテーゼ
8 東京裁判における清瀬一郎弁護士の冒頭陳述

[関連]
『続・日本人を狂わせた洗脳工作 いまなお蔓延るWGIPの嘘』関野通夫(2016・自由社)
続・日本人を狂わせた洗脳工作[amazon]

[参考]
GHQ焚書図書開封 第177回 「GHQ日本人洗脳工作の原文発掘」関野通夫氏と語る1

GHQ焚書図書開封 第178回 「GHQ日本人洗脳工作の原文発掘」関野通夫氏と語る2

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする