本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『天皇と原爆』西尾幹二(新潮文庫)

『天皇と原爆』西尾幹二(新潮文庫)

未読

2014年
354頁





目次

マルクス主義的歴史観の残骸
すり替った善玉・悪玉説/半藤一利『昭和史』の単純構造
アメリカの敵はイギリスだった
アメリカはなぜ日本と戦争をしたのか
日本は「侵略」国家ではない
アメリカの突然変異
アメリカの「闇の宗教」
西部開拓の正当化とソ連との未来の共有
第一次大戦直後に第二次大戦の裁きのレールは敷かれていた〔ほか〕

[関連]
『天皇と原爆』西尾幹二
天皇と原爆 新潮文庫・Kindle版[amazon]
天皇と原爆 単行本・2012新潮社[amazon]

[参考]
GHQ焚書図書開封 第98回 アジア開放の象徴・ビルマの独立戦争 ゲスト:溝口郁夫

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする