本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『秘録・ビルマ独立と日本人参謀』溝口郁夫(国書刊行会)

『秘録・ビルマ独立と日本人参謀―野田毅陣中日記』溝口郁夫(国書刊行会)

未読

2012年
334頁





目次

南機関設立以前のアジア情勢
謀略開始、志士三十人の訓練
国境の情報収集
志士の輸送
開戦とビルマ独立義勇軍の立ち上げ
ビルマ進攻開始
泰緬国境を越え、英軍との戦いへ
首都ラングーンへ
ビルマ独立義勇軍の見直し
第二期ビルマ作戦
さらに北進、新体制へ
南期間解消、ビルマ行軍への道
転出する元南機関員の同志たち
急変するビルマの上空
ビルマ「独立」へ
故国、日本へ

[参考]
GHQ焚書図書開封 第97回 アジア開放の象徴・ビルマの独立戦争 ゲスト:溝口郁夫

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする