本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『シナ人とは何か』宮崎正弘・内田良平研究会(展転社)

『シナ人とは何か―内田良平の『支那観』を読む』宮崎正弘・内田良平研究会編著(展転社)

未読

2009年
302頁




目次

第1章 激動する中国と問われる日本人の中国観ー今、何故内田良平『支那観』か?(十年ぶりの国家主席来日、そして中国を震源とする不祥事の続発/「宴のあと」の国際金融危機が暴く「和諧社会」の現実 ほか)

第2章 内田良平『支那観』(現代語訳)

第3章 異文明大国・中国とどう付き合うか(『支那観』解題)-内田良平が見通していた中国の発展と限界(日本なくして辛亥革命なし/九・一八記念館の写真に思う/動乱の支那と大陸浪人 ほか)

第4章 『支那観』研究(内田良平の辛亥革命支援工作/『支那観』の文明論的意義ー西欧近代文明受容の日中比較という視点から ほか)

第5章 内田良平『支那観』(原文)

[参考]
GHQ焚書図書開封 第83回 いかに満人は消去され、蒙古人は放逐され、朝鮮人は搾取されたか

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする