本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『米英挑戦の真相』大東亜戦争調査会編(呉PASS出版)

『米英挑戦の真相』大東亜戦争調査会編、大東亜戦争調査会研究報告書1(全5巻)(呉PASS出版)

ソフトカバー・A5判(新漢字・新かな)
未読

2017年
226頁




執筆者:
太田忠行(鉄鋼統制会整備部)、神原泰(帝国石油企画部副部長兼調査課長)、佐藤一郎(科学動員協会専務理事、本調査会委員、海軍中将)、椎名季吉(三井物産金物部)、高田元三郎(毎日新聞社編集総長)、中井良太郎 (陸軍中将)、長岡春一(元駐仏大使、法学博士)、難波勝二(横浜正金銀行調査部長)、三宅哲一耶 (元チリー駐箚公使、本調査会事務局長)、宮崎清(三井物産総務部参与)、目賀田重芳(大倉商事取締役)、渡邊康策(日本郵船企画部長)

[関連]
『米英挑戰の眞相』大東亜戦争調査会編(1943・毎日新聞社)
米英挑戦の真相[amazon]

国立国会図書館

『米英の東亜撹乱』大東亜戦争調査会編(呉PASS出版)

『米英の東亜制覇政策』大東亜戦争調査会編(呉PASS出版)

『米国の世界侵略』大東亜戦争調査会編(呉PASS出版)

『大東亜の建設』大東亜戦争調査会編(呉PASS出版)

[参考]
GHQ焚書図書開封 第120回 アメリカの対日経済圧迫「大東亜戦争調査会」叢書15

GHQ焚書図書開封 第121回 アメリカの対日石油圧迫の赤裸々な歴史「大東亜戦争調査会」叢書16

GHQ焚書図書開封 第122回 開戦の根本原因は、アメリカ経済封鎖以外に無い「大東亜戦争調査会」叢書17

GHQ焚書図書開封 第123回 経済制裁から資産封鎖へ「大東亜戦争調査会」叢書18

GHQ焚書図書開封 第124回 国際連盟の名を借りた英米の世界制覇「大東亜戦争調査会」叢書19

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする