本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

門田隆将の文庫12選

ノンフィクション作家の門田隆将が光人社NF文庫のなかから選んだ12冊。


※Kindle版などが表示されない場合は、アマゾンの画面にある「その他()の形式およびエディションを表示する」をクリックして下さい。

『修羅の翼―零戦特攻隊員の真情』角田和男(2008・光人社NF文庫)528頁


『大空のサムライ―かえらざる零戦隊』坂井三郎(2003・光人社NF文庫)661頁


『あゝ同期の桜 かえらざる青春の手記』海軍飛行予備学生第十四期会(2009・光人社NF文庫)283頁


『戦艦大和の最後 一高角砲員の苛酷なる原体験』坪井平次(2005・光人社NF文庫)314頁


『栗田艦隊退却す―戦艦「大和」暗号士の見たレイテ海戦』小島清文(2009・光人社NF文庫)335頁


『流氷の海―ある軍司令官の決断』相良俊輔(2010・光人社NF文庫)522頁


『サイパン戦車戦―戦車第九連隊の玉砕』下田四郎(2014・光人社NF文庫)238頁


『玉砕を禁ず―第七十一連隊第二大隊ルソン島に奮戦す』小川哲郎(2010・光人社NF文庫)197頁


『シベリア俘虜記―兵士の過酷なる抑留体験』穂苅甲子男(2009・光人社NF文庫)227頁


『私は魔境に生きた―終戦も知らずニューギニアの山奥で原始生活十年』島田覚夫(2007・光人社NF文庫)566頁


『長沙作戦―緒戦の栄光に隠された敗北』佐々木春隆(2007・光人社NF文庫)315頁


『従軍看護婦物語―日赤看護婦の見た中国戦線』水井潔子・水井桂(2007・光人社NF文庫)251頁

潮書房光人新社のサイトを参考に作成)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする