本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『一等兵戦死』松村益(ハート出版)

『一等兵戦死』松村益(ハート出版)

未読

単行本・ソフトカバー

2018年
256頁




昭和13年上期の直木賞候補。

本書(の底本)は、GHQの占領期に事実上「焚書」となった書のひとつ。

昭和13年に春秋社から刊行された『一等兵戦死』の復刻版。新かなに改められている。

[参考]
GHQ焚書図書開封 第25回 戦場が日常であったあの時代

GHQ焚書図書開封 第26回 戦場の生死と「銃後」の心

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする