本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『太平洋侵略史4』仲小路彰(国書刊行会)

『太平洋侵略史4』仲小路彰(国書刊行会)(全6冊)

未読

復刻版2010年
246頁




目次

第1篇 ペリーの琉球占領計畫
第2篇 日本國内の動靜
第3篇 ペリー第二回來航
第4篇 横濱會談
第5篇 日米會談の緊迫
第6篇 神奈川條約締結
第7篇 吉田松陰の投夷行
第8篇 下田における吉田松陰

十七世紀以降、西欧列強は太平洋への野望を抱いて侵出。日本沿岸に危機が迫っていた。幕末日本の混乱を浮き彫りにし、欧米列強の侵略の野望を白日の下に暴いた書。

出典:国書刊行会 公式サイト


[関連]
『太平洋侵略史1』仲小路彰(国書刊行会)
太平洋侵略史〈1〉[amazon]

『太平洋侵略史2』仲小路彰(国書刊行会)
太平洋侵略史〈2〉[amazon]

『太平洋侵略史3』仲小路彰(国書刊行会)
太平洋侵略史〈3〉[amazon]

『太平洋侵略史5』仲小路彰(国書刊行会)
太平洋侵略史〈5〉[amazon]

『太平洋侵略史6』仲小路彰(国書刊行会)
太平洋侵略史〈6〉[amazon]

[参考]
GHQ焚書図書開封 第回

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange