本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『柳家金語樓―泣き笑い五十年』(日本図書センター・人間の記録120)

『柳家金語樓―泣き笑い五十年』柳家金語樓(日本図書センター・人間の記録120)

未読

1999年
239頁




目次

牛めしにつられて六歳で高座へ/七つの天才少年三遊亭金登喜/自転車屋のマネキンにもなる/三階だけが超満員の邦楽座/兵隊落語のウケはじめ/性こりもなく映画に出演/辛苦をなめた戦後数年/落語は副業で本職は俳優?/わが文化財“思い出の日記” ほか

本書は、東都書房1959年刊『泣き笑い五十年』を改題して刊行したもの。

[関連]
『泣き笑い五十年』柳家金語樓(1959・東都書房)
泣き笑い五十年[amazon]

『泣き笑い五十年―伝記・柳家金語楼』山下敬太郎(大空社)
泣き笑い五十年―伝記・柳家金語楼[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする