本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『正木ひろし―事件・信念・自伝』(日本図書センター・人間の記録119)

『正木ひろし―事件・信念・自伝』正木ひろし(日本図書センター・人間の記録119)

未読

1999年
249頁




目次

事件
(首なし事件の法廷/伊藤整とチャタレイ裁判/チャタレイ裁判のネライ/八海事件と司法官憲/あばかれた菅生事件の陰謀/スリにやられた話/あぶなかった菅生裁判 ほか)
信念
(私が哲学に望むものは/個人雑誌「近きより」のテンマツ/私のたたかい/宗教家の目ざめ/“春”は日本に、いつくるか/わがたのしみ、わがうれい/茶わんの音 ほか)
自伝
(困難にうちかつ悦びの連続/わが青春記/四十年前の鹿児島の想い出/わが青春の告白/レオナルドを夢みて/欲望と疑問/最初の弁護事件 ほか)

[関連]
『事件・信念・自伝』正木ひろし(1962・実業之日本社)
事件・信念・自伝[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする