本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『十七世中村勘三郎―自伝やっぱり役者』(日本図書センター・人間の記録116)

『十七世中村勘三郎―自伝やっぱり役者』十七世中村勘三郎(日本図書センター・人間の記録116)

未読

1999年
305頁




目次

米吉のころ
(向島育ち/役者の子/初舞台/父の死/演劇塾/学校嫌い/寝小便/酒とたばこ ほか)
もしほのころ
(もしほ襲名/卓さん/八百屋会/渾名はダイコン/役者の学生/色気と酒/青年歌舞伎 ほか)
戦後の日々
(久里子誕生/カミさんのアルバイト/風流揚げと米の飯/嫁と姑/明治の人間/六代目の死)
十七世中村勘三郎
(名前がえ/勘九郎誕生/最初の大病/久々の舞台/同病の志/海外公演 ほか)
舞台を語る
(勘三郎十種/「瞼の母」/「檻」/「高坏」/「沼津」/「鏡獅子」/「紅葉狩」の山神/団蔵型の勘平/間は魔/菊五郎と吉右衛門 ほか)
身辺を語る
(初孫/俳句/名優迷句/なすびの絵/ランブルのコーヒー/誕生日/久里子/千代枝 ほか)

[関連]
『自伝 やっぱり役者』中村勘三郎(文藝春秋)
自伝 やっぱり役者 (1976年)[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする