本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『高群逸枝―火の国の女の日記(抄)』(日本図書センター・人間の記録115)

『高群逸枝―火の国の女の日記(抄)』高群逸枝(日本図書センター・人間の記録115)

未読

1999年
325頁




目次

第一部 しらたま乙女
(先祖の人びと/父と母と/お伽ばなし―観音の子/白石野の里/寄田学校/願解旅行/対応と形成 1/対応と形成 2/守富村/日露戦争前後 ほか)

第二部 恋愛と結婚の苦悩
(七夕前夜/永遠の誓いの問題/汚辱の沼/巡礼の旅 1/巡礼の旅 2/婚約のおとしあな 1/婚約のおとしあな 2/感情革命/出京記/母の死 ほか)

[関連]
『火の国の女の日記』(上下)高群逸枝(1974・講談社文庫)
上 講談社文庫[amazon]
下 講談社文庫[amazon]

『高群逸枝全集 第10巻』高群逸枝、橋本憲三編(1965・理論社)
高群逸枝全集 第10巻 火の国の女の日記

『火の国の女の日記―高群逸枝自伝』高群逸枝(1965・理想社)
火の国の女の日記―高群逸枝自伝[amazon]

『日本人の自伝7 高群逸枝・鳩山春子』(平凡社)

『日本人の自伝19 高群逸枝 『火の国の女の日記 抄』』(平凡社)
『火の国の女の日記 抄』電子版 [eBookJapan]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする