本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『沢村貞子―貝のうた』(日本図書センター・人間の記録113)

『沢村貞子―貝のうた』沢村貞子(日本図書センター・人間の記録113)

未読

1999年
283頁




目次

生いたち/兄と弟と/関東大震災のころ/家庭教師・女子大時代/山本安英さんに導かれて/劇団新築地時代/赤い恋と青いリンゴ/留置所というところ/蚊がすりの壁/挫折して…/映画女優誕生/戦争がはじまる/一生懸命生きてみたい

本書は、1978年暮しの手帖社刊『貝のうた』を改題して刊行したもの。

[関連]
『貝のうた』沢村貞子
貝のうた 1969・講談社[amazon]
貝のうた 1978・暮しの手帖社[amazon]
貝のうた 2014河出文庫、2014Kindle版[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする