本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『菊田一夫―芝居つくり四十年』(日本図書センター・人間の記録111)

『菊田一夫―芝居つくり四十年』菊田一夫(日本図書センター・人間の記録111)

未読

1999年
253頁




目次

ミュージカルについて
(批評と私/笑いのむずかしさ/よその国の芝居/ミュージカルへの十八年/毎日芸術賞を受賞して ほか)
放送劇について
(鐘の鳴る丘/「鐘の鳴る丘」続行記/「鐘」と私/「鐘の鳴る丘」前後/さくらんぼ大将 ほか)
女優について
(美空ひばり/花咲く三人娘/天才児美空ひばり/ひばりよ、結婚を急ぐな/庶民のよさチエミ/たくましくあれ、いづみ ほか)
随想
(水臭い私/善友・悪友/租界・子供の尻/“美の国”にっぽん/ミイ・ハア族弁護/頭の上に座ろうとするもの ほか)
ルポルタージュ
(子供たちは死んだ)
敗戦日記
(木の葉の如く/垢のかたまり)

本書は、1968年オリオン出版社刊『芝居つくり四十年』を改題して刊行したもの。

[関連]
『芝居つくり四十年』菊田一夫(オリオン出版社)
流れる水のごとく―芝居つくり四十年 (1967年)[amazon]
芝居つくり四十年 (1968年)[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする