本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『小野田寛郎―わがルバン島の30年戦争』(日本図書センター・人間の記録109)

『小野田寛郎―わがルバン島の30年戦争』小野田寛郎(日本図書センター・人間の記録109)

未読

1999年
262頁




目次

1 30年戦争は終わった
2 秘密戦士への道
3 運命を決めた“命令”
4 ルバン島
5 敗北した四日戦争
6 徹底抗戦の誓い
7 三人戦争
8 一億玉砕の約束
9 小塚一等兵との十八年
10 任務遂行
11 たとえ一兵となっても
12 昭和四十九年二月二十日夜
13 さらばルバン島
あとがき

[関連]
『わがルバン島の30年戦争』小野田寛郎(1974・講談社)
わがルバン島の30年戦争[amazon]

[参考]
『戦った、生きた、ルバン島30年 : 少年少女におくるわたしの手記』小野田寛郎、イラスト:柳瀬茂(1974・講談社)
戦った、生きた、ルバン島30年[amazon]

『わがブラジル人生』小野田寛郎(1982・講談社)
わがブラジル人生[amazon]

『わが回想のルバング島―情報将校の遅すぎた帰還』小野田寛郎(朝日新聞社)
1988・朝日新聞社[amazon]
1995・朝日文庫[amazon]

『たった一人の30年戦争』小野田寛郎(1995・東京新聞出版局)
たった一人の30年戦争[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする