本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『石牟礼道子―椿の海の記』(日本図書センター・人間の記録104)

『石牟礼道子―椿の海の記』石牟礼道子(日本図書センター・人間の記録104)

未読

1999年
261頁




目次

第一章 岬
第二章 岩どの提燈
第三章 往還道
第四章 十六女郎
第五章 紐とき寒行
第六章 うつつ草紙
第七章 大廻りの塘
第八章 雪河原
第九章 出水
第十章 椿
第十一章 外の崎浦

[関連]
『椿の海の記』石牟礼道子
椿の海の記 1977・朝日新聞社[amazon]
椿の海の記 2013・河出文庫[amazon]

[参考]
『葭の渚 石牟礼道子自伝』石牟礼道子(2014・藤原書店)(「熊本日日新聞」に連載した自伝を単行本化したもの)
葭の渚[amazon]

『石牟礼道子全集 不知火 別巻1』(2014・藤原書店)
石牟礼道子全集 別巻1[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする