本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『観たり撮ったり映したり』手塚治虫(キネマ旬報社)

『観たり撮ったり映したり』手塚治虫(キネマ旬報社)

未読

1995年
379頁




本書は、キネマ旬報で連載されていた手塚治虫のエッセーをまとめた『観たり撮ったり映したり』(1986・キネマ旬報)の増補・改訂愛蔵版。エッセーのほか評論・対談が大幅に加えられている。

[関連]
『手塚治虫映画エッセイ集成』手塚治虫(立東舎文庫)(手塚治虫『観たり撮ったり映したり』を改題して文庫化したもの。対談などは収録されていないか。)
手塚治虫映画エッセイ集成[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange