本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『手塚治虫―僕はマンガ家』(日本図書センター・人間の記録100)

『手塚治虫―僕はマンガ家』手塚治虫(日本図書センター・人間の記録100)

未読

1999年
280頁




目次

書き出しがむずかしい/やぶれかぶれの少年期/廃虚のあちこちで/仙花紙文化/漫画少年のふところ/児漫長屋紳士録/第二の戦後のなかで/死にものぐるいの季節/いばらと泥棒

本書は、1969年毎日新聞社刊『ぼくはマンガ家』を改題して刊行したもの。

[関連]
『ぼくはマンガ家』手塚治虫
ぼくはマンガ家 1969・毎日新聞社[amazon]
ぼくはマンガ家―手塚治虫自伝・1 1979・大和書房[amazon]
ぼくはマンガ家―手塚治虫自伝・1 新装版1988・大和書房[amazon]
ぼくはマンガ家 2000・角川文庫[amazon]
ぼくはマンガ家―付録・デビュー作品 2009・毎日ワンズ[amazon]
ぼくはマンガ家 2016・立東舎文庫[amazon](随所にイラストが添えられた回想録「ボクのまんが記」も収録)

[参考]
『ぼくのマンガ人生』手塚治虫(岩波新書)
ぼくのマンガ人生[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする