本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『藤山寛美―あほかいな』(日本図書センター・人間の記録99)

『藤山寛美―あほかいな』藤山寛美(日本図書センター・人間の記録99)

未読

1999年
252頁




目次

芸 商売は半畳……ということ
育ち いつの間にやら二代目役者……ということ
体験 敗戦、中国を生きのびた……ということ
女 遍歴であつめたエッセンス……ということ
対談 中ピ連を理解したい……ということ 榎美沙子さんと
金 モノより義理人情……ということ
芝居 笑ってもらうのが天職……ということ
役者の美学 ―わたしの藤山寛美論―
あとがき ―寛美の芸の魅力―

[関連]
『あほかいな―半生談議』藤山寛美(1976・毎日新聞社)
あほかいな[amazon]1
あほかいな[amazon]2

[参考]
『あほやなあ―喜劇役者の悲しい自伝』藤山寛美
あほやなあ(1967年)カッパブックス[amazon]

『みち草・わき道・しぐれ道』藤山寛美(1985・東京新聞出版局)
みち草 わき道 しぐれ道[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする