本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『中村寅吉―栄光のゴルフ』(日本図書センター・人間の記録96)

『中村寅吉―栄光のゴルフ』中村寅吉(日本図書センター・人間の記録96)

未読

1999年
257頁




目次

はじめに
1 暗闇の中での修業
(優勝のプレッシャーをはねのけて/程ヶ谷の臨時キャディ/山の中で拾ったボール/地面に掘った穴/人に負けるのは死ぬほどイヤだ ほか)
2 修業の旅・負けてたまるか
(プロテスト合格/「藤沢カントリー倶楽部にこないか」/練習時間は一日十六時間/寒さでこごえるまで打つ/飛ばすコツが分かりかけた ほか)
3 箱根仙石・いばらの途
(ゴルフコースの復興作業/信用されない日本人/進駐軍の兵隊と一緒に風呂へ/和製英語で隊長と争う ほか)
4 スイングの完成を目指して
(右腰に全集中力を/もうバンカーは怖くない/片手打ち打法でマスター/下半身を固めて強く打て/どうしても日本プロを獲りたい ほか)
5 栄光のカナダ・カップ
(難関ホール攻略はラフに打て!/三十センチの芝目を読み切る/スニードはまるでジェット機だ/スッポン作戦でいけ ほか)
6 実戦で署ルんだ極意
(ベン・ホーガンはゴルフ界の大紳士/ダウンブローの打法を盗む/見習いたいサム・スニード/外国でのプレッシャー克服法 ほか)

[関連]
『栄光のゴルフ―負けてたまるか寅さんのゴルフ自伝』中村寅吉(1980・講談社)
栄光のゴルフ[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする