本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『山本安英―おりおりのこと』(日本図書センター・人間の記録94)

『山本安英―おりおりのこと』山本安英(やまもと・やすえ)(日本図書センター・人間の記録94)

未読

1999年
174頁




目次

Ⅰ 思い出/日々/俳優の神/俳優という仕事/女優という仕事/舞台に描かれた日本の女/無対象パーティ ほか
Ⅱ 蝶の夢/ある夜の感想/十五夜/樹海/衣裳(1)/衣裳(2) ほか
Ⅲ 人間性の叫び/リラの香りとともに/日記から/古くて新しいものを/『聴耳草紙』のこと
Ⅳ 化粧鏡/土方先生をいたむ/三好十郎さん/岡倉士朗さんを思う/さようなら ほか

[関連]
『おりおりのこと』山本安英(1969・未来社)
おりおりのこと[amazon]

[参考]
『歩いてきた道』山本安英
歩いてきた道 中公文庫[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする